Tencent Enterprise Mailboxを独自のドメイン名に分析し、メールのcnameを設定します



Analyze Tencent Enterprise Mailbox Your Own Domain Name

以前にTencentEnterprise Mailの無料の電子メールを登録しましたが、後でエンタープライズメールボックスとドメイン名をバインドしたいのですが、いくつかの問題が見つかりました。

Tencent Enterprise Mailbox Free Editionをすでに登録していて、ドメイン名をすでにバインドしていると仮定して、最初に通常の部分を見てみましょう。



次に、ドメイン名プロバイダーでドメイン名解決用のMXレコードを設定します。

ご覧のとおり、企業の電子メールはサーバーとは何の関係もありません。 Alibaba Cloud Enterprise Mailbox、Netease、Tencentなどの企業の電子メールアドレスを選択できます。私はAlibabaCloudをお勧めします。



ドメイン名を登録し、ドメイン名をバインドしてから、この場所にMXレコードを設定して、会社の電子メールの指示で設定する必要のあるアドレスを指すようにするだけです。一般に、スパム対策処理用にtxtレコードを設定する必要があります。 Tencentのtxtはv = spf1 include:spf.mail.qq.com〜allです。

この時点で、すでにメンバー管理を設定してメンバーを追加している場合、メンバーはroot @ xxxxxなどのドメイン名の電子メール名を使用して電子メールを送受信できます。次に、自分のメールを使用します。メールボックスにログインするためのドメイン名、つまりメールボックスのログインページに入るためのmail.tianyalei.com、ログインにhttp://exmail.qq.com/loginを使用したくない、取得方法?

これはメールのcnameを設定する必要があります。cnameはエイリアスであるBaiduを意味する場合があります。メールのcnameを設定した後、mail.domain.comからエンタープライズメールボックスのログインページに入ることができます。



OK、次にレコードを追加します。ホストレコードはmail、レコードタイプはcname、レコード値はexmail.qq.comです。 Tencentの企業メールのcname解像度を検索する場合は、基本的にそう言ってください。 Aliクラウドエンタープライズメールボックスを使用している場合は、メールのcnameレコードを設定した後、すでに問題ありません。 mail.domain.comから電子メールログインインターフェイスを開くことができます。しかし、Tencentの企業メールボックスが機能しておらず、Dpodモニタリングを開いていると、exmail.qq.comサーバーがダウンしていることがわかりました。そして卵!

情報を調べてみると、2014年6月末から「エンタープライズメールボックス無料版の新規ユーザー」の実装が開始されたことがわかりました。7月には「mail.domainname」が全面的にサポートされていませんでした。これより前に追加された古いユーザーは引き続き使用できます。この方法でログインしてください。企業のメールをご支援いただきありがとうございます。 》

とても悲しい。

2番目に良いmail.domain.comで開くことができず、電子メールを使用することにしました。 domain name.com、そのようなセカンドレベルドメイン、または企業のメールボックスを指す任意のセカンダリドメイン名が適しています。

セカンドレベルドメイン名の設定も簡単です。レコードを追加します。ホストレコードの値は、電子メールまたは任意のセカンダリドメイン名です。レコードタイプは、明示的なURLまたは暗黙的なURLを選択します。 Tencentのドメイン名はここに隠されていないことがわかりました。訪問したいアドレスを入力します。これは、email.tianyalei.comにアクセスしたときにジャンプするページです。これは当然、Tencent Enterprise Mailのログインアドレス(http://exmail.qq.com/login)です。 [保存]、[有効にする]をクリックします。 OK、訪問してみてください、問題ありません。

一部のWebサイトと同様に、wwwのcnameを追加しないと、www.tianyalei.comにアクセスしたときに存在しないため、www。からWebサイトにアクセスする場合は、wwwのcnameレコードをに追加する必要があります。ドメイン名、または設定します。サーバーIPへのwwwのAレコード。覚えておいてください。

The request sends json data in post mode to send Content-type with application/json charset=utf-8 way to send, then directly use springMVC @RequestBody tag to receive the following entity object, spring will help you automatically assemble into an object, If the Content-type is set to application/x-www-form-urlencoded charset=utf-8, you can't use spring stuff, you can only get the json string in the usual way.

転載:https://www.cnblogs.com/cosyer/p/7846218.html