BusHoundは説明しました



Bushound Explained

1)設定:パラメータ設定

画像

  • バッファサイズ データバッファのキャプチャに使用されるRAMサイズ(K単位)。上限はシステムメモリによってのみ制限されます。メモリが不足している場合、バッファサイズは使用可能なRAMのサイズに縮小されます。
  • 最大フェーズ ステージごとにキャプチャされるデータの最大量を指定します
  • いつ停止するか…(停止条件) キャプチャ操作を停止するために使用されるトリガー条件は、トリガー条件の任意の組み合わせにすることができます。トリガー条件の1つが満たされている限り、キャプチャ操作は停止し、対応するトリガーデータが画面に明るい赤で表示されます。



    • バッファフル(バッファフル)バッファがいっぱいになると操作を停止します。このオプションが選択されていない場合、システムはローリングオーバーレイモードを使用して、最後にキャプチャされたデータを保存します。
    • バスリセットバスリセット動作が発生すると、キャプチャ動作を停止します
    • データオーバーラン(データオーバーラン)データオーバーランまたはデータアンダーランが発生した場合は、キャプチャ操作を停止してください。
    • ハードウェアエラー(ハードウェアエラー)ハードウェアエラーが発生した場合、キャプチャ操作を停止します
    • 無効なコマンド(不正なコマンド)は、不正なコマンドが見つかったときにキャプチャ操作を停止します
    • メディアエラー(メディアエラー)デバイスがメディアエラーを返し、キャプチャ操作を停止すると、セクターエラーが検出されたという一般的な状況が報告されます
    • システムで何らかのエラーが発生した場合のその他のエラー(データエラーを停止)
    • メディアなし(メディアなし)、デバイスがメディアを返さない場合は、キャプチャ操作を停止します
    • 準備ができていない(準備ができていない)デバイスの準備ができていない、タイムアウトしている、またはビジー状態のときにキャプチャ操作を停止します
    • ベンダーエラー(ベンダーエラー)固有のベンダーエラーが発生した場合、キャプチャ操作を停止します
    • Windowsエラー(オペレーティングシステムエラー)オペレーティングシステムタイプエラーが発生すると、キャプチャ操作を停止します
    • テキストパターン/六角パターン(テキストパターン)テキストデータの特殊なパターンが定義されている場合は、キャプチャ操作を停止します。テキストパターンは、大文字と小文字が区別され、コマンド、データ、ステータスを含むデータ送信の各段階での検査プロセスステージ
  • キャプチャするフェーズ キャプチャできるすべてのステージのリスト。対応するオプションをチェックして、キャプチャ操作を示します。

  • 繰り返されるコマンドをマージする 前のコマンドと同じ状況の場合、新しいコマンドは個別に記録されません。代わりに、前のコマンドの数量値が1増加します。
  • 表示する列 対応する列がキャプチャウィンドウに表示され、選択した列でドラッグアンドドロップおよび保存操作を実行できるようになります
  • SoundSを有効にする トリガー条件をキャプチャ、設定、または発生すると、デバイスウィンドウがポップアップし、「ブーム」音が鳴ります。

2)デバイス:デバイス

画像



  • チェックボックスをクリックして、デバイスを選択します 監視するデバイスを確認してください
  • ホットプラグされたデバイスの自動選択 ティックデバイスの挿入と取り外しを自動的に検出します
  • プロパティ デバイスの詳細を表示する
  • コマンドの送信 デバイスにコマンドを送信する

3)コマンドの送信:コマンドの送信

監視するデバイスを選択します-コマンドの送信-USB-割り込みの選択-データ長の設定を選択し、送信されたプロトコルコマンドを入力し、実行をクリックして完了を表示します
画像
キャプチャに切り替えて、キャプチャしたデータを表示します
画像

  • INによって返されるプロトコルコマンド