apt-get clean / autoclean / remove / autoremoveの違い

Difference Between Apt Get Clean Autoclean Remove Autoremove

Ubuntuaptを簡単に紹介します-いくつかの手順を取得します

apt-きれいにする:

apt-getによってインストールされたパッケージは/var/cache/apt/archives/ with /var/cache/apt/archives/partial/に保存されます。両方のディレクトリで、長期間使用するとハードディスクの容量が消費されます。 cleanコマンドは、すでにロックされているものを除いて、2つのディレクトリからパッケージを削除します。



apt-get autoclean:

これら2つのディレクトリのパッケージも同じですが、autocleanは再度ダウンロードできないパッケージのみを削除するため、apt-get cleanクリーンアップをより完全に削除すると言います。自動クリーニングの公式定義:

オートクリーン
cleanと同様に、autocleanは取得したパッケージファイルのローカルリポジトリをクリアします。違いは、ダウンロードできなくなったパッケージファイルのみを削除し、ほとんど役に立たないことです。これにより、キャッシュが制御不能になることなく、長期間にわたってキャッシュを維持できます。構成オプションAPT :: Clean-Installedは、オフに設定されている場合、インストールされたパッケージが消去されないようにします。

apt-get remove:

インストールされたパッケージを削除(アンインストール)します(関連ファイルを保持します)。

apt-get --purge remove:

関連する構成ファイルを含め、ソフトウェアを完全にアンインストールします。

apt-get autoremove:

ソフトウェアを自動的にアンインストールします。依存関係があり、Ubuntuが一般的に使用されていないと見なす一部のパッケージがあります。 。 。 このコマンドを使用するときは注意してください

私は個人的に、システムがクリーンで整頓されていることを確認するために、ソフトウェアを完全にアンインストールすることを理解しています。

apt-get --purge remove [packagenames]

システムの機能が1つしかない場合は、ライフワークマシン(メールエージェントや個人のWebサイトの実行など)を実行する必要はなく、インストールパッケージのクリーンアップ時に使用することも、使用することもできます。インストールされているパッケージに精通している場合。それどころか、システムは問題を起こしやすいです。

apt-get autoremove [packagenames]