Eclipseクラスデコンパイラー-Javaデコンパイラープラグイン

Eclipse Class Decompiler Java Decompiler Plugin

Eclipse Class Decompilerは、最高の2つのJava逆コンパイルツールであるJadとJD-Coreを統合し、Eclipse ClassViewerとシームレスに統合します。このプラグインを使用してライブラリのソースコードを表示し、このプラグインを使用してデバッグをデバッグすると非常に便利です。 。

Eclipse Class Decompilerプラグイン更新サイト: http://feeling.sourceforge.net/update

オフラインインストールパッケージのダウンロードアドレス1: http://feeling.sourceforge.net/downloads/org.sf.feeling.decompiler_1.0.2.zip
オフラインインストールパッケージのダウンロードアドレス2: http://www.blogjava.net/Files/cnfree/org.sf.feeling.decompiler_1.0.2.zip

このプラグインは、Windows、Linux、Macosxオペレーティングシステムのみをサポートします。

Eclipseで直接更新し、Eclipse 3.x、4.xをサポートします。他のプラグインに依存せず、更新プラグインを確認するだけです。


次の図は、Eclipseクラス逆コンパイラーの設定ページを示しています。デフォルトの逆コンパイラツールを選択して、逆コンパイラの基本設定を設定できます。デフォルトの逆コンパイルツールはJD-Coreであり、JD-Coreはより高度であり、JDK1.5以降のジェネリック、列挙型、注釈などの新しい構文をサポートします。



プリファレンス構成オプション:
1.キャッシュコードを再利用します。クラスファイルを開くたびに、キャッシュされた逆コンパイルされたコードが表示されるのは1回だけです。
2.既存のソースコードを無視します。選択されていない場合は、クラスファイルがJavaソースコードにバインドされているかどうかを確認します。バインドされている場合は、Javaソースコードが表示されます。バインドされていない場合、クラスファイルは逆コンパイルされます。オンにすると、バンドルされているJavaソースコードは無視され、逆コンパイルの結果が表示されます。
3.デコンパイラレポートの表示:デコンパイラの逆コンパイル後に生成されたデータレポートと例外情報を表示します。
4. Eclipseコードフォーマットツールを使用する:Eclipseフォーマットツールを使用して、微調整されたレイアウトを再フォーマットします。Jarパッケージ全体を逆コンパイルする場合、これには時間がかかります。
5. Eclipseメンバーを使用した並べ替え:Eclipseメンバーの並べ替えを使用して、逆コンパイルされた結果のレイアウトを再フォーマットすると、この操作はJarパッケージ全体を逆コンパイルするときに多くの時間を消費します。
6.元の行番号情報を注釈として出力します。クラスファイルに元の行番号情報が含まれている場合、その行番号情報は逆コンパイルされた結果にコメントとして出力されます。
7.デバッグ用の行番号に従ってソースコードを調整します。このオプションを選択すると、プラグインはASTツールを使用して逆コンパイルの結果を分析し、行番号情報に従ってコードの順序を調整して、シングルステップを容易にします。デバッグプロセスでのデバッグの追跡。
8.クラスデコンパイラビューアをデフォルトのクラスファイルエディタとして設定します。デフォルトが選択され、Eclipseに付属のクラスビューアは無視されます。 Eclipseを起動するたびに、プラグインによって提供されるクラスビューアを使用して、デフォルトでクラスファイルが開きます。


プラグインはシステムメニューとツールバーを提供し、プラグインが提供するクラス逆コンパイラビューアを開くと、メニューとツールバーのオプションがアクティブになり、設定を簡単に実行でき、逆コンパイルツールを再コンパイルでき、逆コンパイルを実行できます。エクスポートされます。結果。




クラスデコンパイラビューアの右クリックメニューには、Eclipse独自のクラスビューアの右クリックメニューのすべてのオプションが含まれており、[逆コンパイルされたソースコードのエクスポート]メニュー項目が追加されています。

プロジェクトパスでクラスファイルを開きます。クラスデコンパイラビューアがデフォルトビューアとして設定されている場合は、クラスファイルをダブルクリックします。デフォルトのビューアとして設定されていない場合は、右クリックメニューを使用して表示できます。



Eclipse Class Decompilerプラグインは、JarファイルまたはJavaパッケージ全体の逆コンパイルも提供します。この操作は、パッケージ表示レイアウトでのパッケージエクスプローラーの操作をサポートします。タイルモードレイアウトの場合、エクスポートされたソースコードにはサブパッケージが含まれていません。階層モードのレイアウトの場合、選択したパッケージとそのすべてのサブパッケージがエクスポートされます。




デバッグデバッグ:シングルステップトラッキングデバッグのプリファレンスでアライメントライン番号を選択できます。これは、ソースコードが含まれている場合の通常のデバッグ操作とまったく同じです。同様に、追跡用のブレークポイントを設定できます。