【予約】ExcelドローNBA撮影データヒートマップ(HeatMap)分析



Excel Draw Nba Shooting Data Heat Map Analysis

元の住所: ExcelはNBA射撃データヒートマップ(HeatMap)分析を描画します 著者: チャートの要約 [] Excel NBA(ヒートマップ) NBA2011-2012シーズンの決勝戦が終了し、マイアミヒートがチャンピオンシップを獲得し、レブロンジェームズ)がついにチャンピオンシップの夢を締めくくりました。 チャートの要約 鶏の暇な時間に、ニューヨークタイムズの視覚化チームが作成した「火と雷の射撃データ分析」について考えました( 熱と雷が彼らのショットを打ったところ )HeatMap(HeatMap)#Visualization#Infographic。
↓比較データ比較(ジェームス対デュラント) [] Excel NBA(ヒートマップ)
デザインポイント内側データポイントの位置は撮影位置、データポイントの大きさはピッチング数、データポイントの色はスコアのレベルに対応します。
つまり、これは4つの変数(射撃位置X-Y、ピッチング数、得点率)の図です。データ Excelでは、バブルチャートで実現できます。アイデアの描画:1。バブルチャートには、撮影位置(XY)とピッチング数(Z)の3つの変数のデータが表示されます。2。ピッチ数のデータ列は、対応するスコアのレベルに従ってグループ化されます。 、およびは、データのグループごとに個別にグループ化されます。色を塗りつぶして、グラデーショングラデーション塗りつぶしのヒートマップ(HeatMap)を取得します。
描画ツール内側PPT(バスケットボールコートの位置座標系の構築に使用)Excel(データ分析とプロット用)
実施手順・・・【1】 バスケットボールコートの位置座標(X-Y)と単位間隔を作成します 。これは、視覚化プロセス全体で「データの配置」を実現するための重要なステップです。一般的な考え方は次のとおりです。NBAバスケットボールコートの標準サイズを取得し、ハーフフィールドダイアグラムを描画し、XY座標系を使用してバスケットボールコートをいくつかの等面積の単位間隔に分割します。 、ショットの位置、そのエリアのピッチ数、ヒット数、スコアの統計を記録するために使用されます。グラフの使用方法は次のとおりです。1。スクリーンショットソフトウェアを使用して、ニューヨークタイムズのWebサイトで関連するグラフを傍受し、PPTにコピーして、適切なサイズにズームします。 2.等間隔を使用します。線と垂直線は、グラフの各データポイントのX-Y座標をキャプチャします。 (以下に示すように) [] Excel NBA(ヒートマップ)
[2]上図の座標系を比較してください。 録音 ニューヨークタイムズページのすべての撮影位置 統計データ (ショットの位置、ショット数、ヒット率、スコア。この記事では、例としてスリーポイントを取り上げます)。 [] Excel NBA(ヒートマップ)
【3】 情報処理 。バブルチャートでは、XYは撮影位置に対応し、バブルサイズは「ショット数」に対応し、統計的な「単位間隔スコア」はデータに従って7つのデータ間隔に分割され、次に「数」のデータに対応します。ショットの数は、前述の7つのデータ間隔に従って7つに分割されます。以下に示すような配列。 >>注:1、0、-49.9の間の7つのデータ間隔の値は、エリアスコアの値ではありませんが、 'バブルのサイズに対応するショットの数、データのグループ化は後続のステップグラデーションカラーマッチング2。スムーズなグラデーション塗りつぶしを取得するために、データグループを細分化できます。 [] Excel NBA(ヒートマップ)
【4】 各データセットのバブルマップとステップグラデーションカラーマッチングを生成します 。 1.バブルチャートを生成した後、「データ系列フォーマットの設定」の「バブルサイズのスケール」オプションを右クリックして、データを適切なサイズに調整します(この場合は「20」に設定します)。2。「塗りつぶし」オプション。データの各グループを色で塗りつぶします(緑-黄-赤のグラデーション)。

【5】 バスケットボールコートの地図、タイトル、凡例、脚注を追加する 。最終的なレンダリングは次のとおりです(短距離撮影データサーモグラム分析と個人撮影データサーモグラム分析でも同じ理由を引き出すことができます)
ExcelソースファイルNBAヒートチームの撮影データヒートマップ分析(HeatMap).xlsx
この記事は 「チャートシンク」 (( シーナブログ新浪微博 )オリジナル、複製、出典をお知らせください。