[Daily Security News] NiceHashハッキング事件のフォローアップ、創設者MarkoKobalがCEOを辞任

Follow Up Nicehash Hacking Incident

12月初旬、暗号通貨マイニングサイトNiceHashがハッキング事件を暴露し、その結果、当時のビットコインで約6,400万ドルが盗まれ、ウェブサイトが24時間シャットダウンしました。このウェブサイトでは、ユーザーはアイドル状態のGPUコンピューティングリソースを使用して暗号通貨をマイニングできますが、この攻撃により支払いシステムが破壊され、ビットコインウォレットが空になりました。創設者は翌日Facebookでライブで謝罪したが、これは明らかにみんなの怒りを静めることができなかった。最新のニュースは、Marko Kobalがすべての人を信頼することを恥じているため、NiceHashが新しいCEOを任命したことです。

640?wx_fmt = jpeg&wxfrom = 5&wx_lazy = 1



KobalはかつてLinkedInで声明を発表し、同社は回復に向けて懸命に取り組んでいる一方で、新経営陣のリーダーシップの下で事業を継続できることを明らかにしました。

スロベニアの「Delo」によると、ZdravkoPoljaševićは同社の最高経営責任者(CEO)の後任になります。

NiceHashをKobalと共同設立したMatjažŠkorjancについては、彼は引き続き最高技術責任者(CTO)を務めます。

ソース:cnBeta.COM

より詳しい情報

◈ハッカーは、アワードシーズン中に人気の映画リソースを漏らしましたが、視聴者に劇場に行くように勧めました。

http://t.cn/RHOpQ4i

◈「美団」の抜け穴を使用して200万人以上を詐欺43人が詐欺で有罪判決を受けた

http://t.cn/RHOpR04

◈コンゴはインターネットを無期限に閉鎖すると発表した

http://t.cn/RHOpnJe

◈オーストラリアの4つの銀行がビットコイン保有者の口座を凍結

http://t.cn/RHOpuW5

(情報はインターネット、華人、コレクションからのものです)

640?wx_fmt = jpeg