gnplotの描画

Gunplot Drawing

Gnuplot、軽量の描画アーティファクト。ウィキペディアの説明を載せてください:gnuplotは数学的な描画のためのクロスプラットフォームのフリーソフトウェアのセットです。インタラクティブなインターフェイスを使用して、数学関数のグラフィックを描画したり、プレーンテキストファイルから座標データを単純な形式で読み取ったり、統計チャートを描画したりすることができます。統計ソフトウェアでも数学ソフトウェアでもありません。それは純粋に関数/データ描画ソフトウェアのセットです。 PNG、SVG、PS、HPGLなどの機器処理/プレゼンテーション/スプレッドシート/ ...などのオープンなグラフィックファイル形式の出力を生成できます。
関数:
2Dまたは3D画像のペイント
絵画数学関数
他のドキュメントからデータを読み取り、統計チャートを描画する
GNUOctaveなどの外部プログラムによって呼び出されます

1、
plot sin(x)-三角関数sin(x)を曲線に描きます。
画像



データファイルにデータを描画します。



plot sin(x), ‘1.dat’

ここで、1.datはデータファイルであり、各行は座標位置を表します。内容は次のとおりです。#の後の内容はコメントです。



# $Id: 1.dat,v 1.1.1.1 1998/04/15 19:16:40 lhecking Exp $ -20.000000 -3.041676 -19.000000 -3.036427 -18.000000 -3.030596 -17.000000 -3.024081 -16.000000 -3.016755 -15.000000 -3.008456 ……

画像

名前付きグラフと軸

set title 'My first graph' set xlabel 'Angle, in degrees' set ylabel 'sin(angle)' plot sin(x)

画像
ここで、x軸が実際には度としてラベル付けされておらず、見栄えがよくないことに気付きました。この問題を解決するには、x軸の目盛りを調整します
軸の目盛りを変更し、グリッドを設定します。



set title 'My first graph' set xrange [-pi:pi] # we want only one cycle set xtics ('0' 0, '90' pi/2, '-90' -pi/2, '45' pi/4,'-45' -pi/4,'135' 3*pi/4,'-135' -3*pi/4) set grid set xlabel 'Angle, in degrees' set ylabel 'sin(angle)' plot sin(x)

画像

複数の曲線

plot sin(x) with linespoints pointtype 5, cos(x) w boxes lt 4

画像

with句を使用すると、行のスタイルを詳細かつ正確に指定できます。この場合、2つの便利なスタイルを示します。最初のスタイルであるlinespointsは、データを描画したり、関連する各インスタンスまたはデータポイントでポイントをマークしたり、線形補間を使用して連続するポイントを結合したりするときに役立つことがよくあります。ここでは、端末が許可する5番目のポイントを選択する5のポイントタイプを追加で指定します。 2番目のスタイルボックスは、ヒストグラムデータの描画に適しています。 cos(x)曲線でwを使用して省略していることに注目してください。同様に、ltはlinetypeの略語であり、端末が描画できる4本の線を選択する別の端末固有の設定です。言うまでもなく、長いポイントタイプの代わりにptを使用できます。同じ描画スタイルを複数の線で(1つのプロットコマンドまたは複数のプロットコマンドで)使用する場合は、setコマンドを使用して描画スタイルを設定できます:set style functionlinespoints。関数ではなくデータコレクションの描画に使用されるスタイルを変更するには、set style datalinespointsを使用します。

2つ以上の曲線を描く場合、それらを区別するためのキーワードまたは凡例が必要です。デフォルトでは、キーワードは右上隅にありますが、グラフがブロックされている場合は、キーワードを別の場所に配置できます。必要に応じて、マップの外に配置することもできます。

カスタムマップのキーワードまたは凡例

set key top left set key box plot [-pi:pi] sin(x) title 'sinusoid' with linespoints pointtype 5, cos(x) t 'cosine' w boxes lt 4

画像

軸について

Gnuplot> set xlabel‘x ’%x axis labeled‘x’

Gnuplot> set ylabel‘y ’%yaxisは' y ’としてマークされています

Gnuplot> set ylabel‘DOS ’tc lt 3%ここで、tc lt 3は、「DOS」の色が3番目の色であることを示します。

Gnuplot> set xtics 1.0%x軸のメインスケールの幅は1.0で、y軸にはyticsを定義することもできます。

Gnuplot> set mxtics 3は、%x軸のメインスケールごとに3分割を描画し、y軸のmyticsも定義します

Gnuplot> set border 3 lt 3 lw 2%は3番目の境界線に設定され、色の種類は3、線幅は2です。

また、x軸(x2と呼ばれる)と右側のy(y2と呼ばれる)軸、つまりx2tics、mx2tics、y2tics、my2ticsにも設定できます。

gnuplot> set xtics nomirror

Gnuplot> unset x2tics%上記の2つのコマンドは、上部のx2軸のスケールを削除します

gnuplot> set ytics nomirror

Gnuplot> unset y2tics%上記の2つのコマンドは、右のy軸のスケールを削除します