HeidiSQL中国語版チュートリアル



Heidisql Chinese Version Tutorial

HeidiSQL これは、単純なミニサーバーとデータベース管理のためのグラフィカルインターフェイスです。 Delphiによって開発され、MySQL、SQL Server、およびPostgreSQLサーバーをサポートします。 HeidiSQLは、データベースの参照間で構文が強調表示されたSQLクエリとタグを切り替えるためのシンプルで使いやすいインターフェイスを提供します。データベースの参照、テーブル、ビュー、ストアドプロシージャ、トリガーの管理、レコードの参照と編集、およびユーザー権限の管理を簡単に行うことができます。さらに、テキストファイルからデータをインポートし、SQLクエリを実行し、2つのデータベース間でテーブルを同期し、選択したテーブルを他のデータベースまたはSQLスクリプトにエクスポートできます。

チュートリアルを使用する

1. [新規]をクリックした後、ルートカテゴリにセッションを作成することを選択します

2.左側のセッション名の下に[名前なし]が表示されたら、右クリックして[名前の変更]を選択して名前を変更します。右側でデータベースタイプ(mysql)を選択し、ホスト名(デフォルトは127.0.0.1)、ユーザー名(デフォルトはルート)、パスワードを入力し、[開く]ボタンをクリックして接続します。 [保存]ボタンをクリックして、パスワードを入力せずに次回に接続します。

3.開いたインターフェースを下図に示します。データベースの基本情報は右側に表示されています。

4.クエリをクリックして、クエリ編集インターフェイスに直接入ります。クエリ編集インターフェイスにSQLステートメントを入力し、[実行]三角形ボタンをクリックします。実行結果は、次のページに正しいか間違っているかのどちらかで表示されます。

5. MySQLデータのエクスポート:最初に、エクスポートするデータベースを選択し、マウスの右ボタンをクリックして、[データスクリプトのエクスポート]を選択します。

6.エクスポート用にエクスポートするデータベースのコンテンツを選択します

7.データ内の各オプションのパラメーターの説明:

日付なし:データをエクスポートせず、データテーブル構造のみをエクスポートします
削除+挿入(...):データテーブルのコンテンツをクリアし、エクスポートされた新しいコンテンツを挿入します
挿入:新しいコンテンツのみを挿入します
無視の挿入:エラーの内容を無視するデータを挿入します
交換:インサートを交換してください
8.出力の各オプションのパラメーターの説明:

単一の大きなファイル:SQLファイルをエクスポートします
Diretcoty……:各テーブルには個別のファイルがあり、特定のフォルダに保存されています
クリップボード:クリップボードにエクスポート
データベース:別のデータベースにインポート
9.保存するパスを選択し、[エクスポート]をクリックしてデータをエクスポートします

10. MySQLデータのインポート:メインページを右クリックし、[SQLファイルのロード]をクリックします

11.インポートする必要のあるSQLファイルのパスを見つけて、[開く]をクリックします。



文字化けした解決

ソフトウェアがMysqlサーバーに正常に接続した直後に、次のコードを右クリックして検索パネルで実行するか、F9キーを押します。
SET character_set_client = gbk
SET character_set_connection = gbk
SET character_set_results = gbk