ラテックス擬似コードをWordに挿入



Insert Latex Pseudo Code Word

単語を使用する場合は、以下に示すように、ラテックススタイルの擬似コードを挿入する必要があります。
画像
インストール後にWordを開きます。プラグインがある場合は、プラグインで直接開きます。そうでない場合は、Insert-Object-Auroraの式で開きます。
画像
パッケージのインポート:[プロパティ]→[パッケージ]パッケージを貼り付けます。

usepackage{amsmath} usepackage{amssymb} % usepackage{euler} usepackage{amsfonts} usepackage{mathrsfs} enewcommand{algorithmicrequire}{ extbf{Input:}} enewcommand{algorithmicensure}{ extbf{Output:}} usepackage{multirow} usepackage{CJK} usepackage{algorithm} usepackage{algorithmic} providecommand{abs}[1]{leftlvert#1 ight vert} providecommand{ orm}[1]{leftlVert#1 ight Vert}

テキストはコードをコピーできます(以下は参考例です)



enewcommand{ healgorithm}{1}% defines the number of the algorithm egin{algorithm}[H] caption{Doppler Profile Extraction} egin{algorithmic}[1] REQUIRE{Spectrogram matrix $P$, centre frequency bin $cf$} ENSURE{Doppler shift profile $DopShift$}\ STATE{colNum=getColumNum($P$)} \ STATE{$DopShift$(1:colNum)=$cf$} //initialization \ FOR{i=1:colNum} STATE row=getNonNullRows(col(i)) // get non-null rows of the $i$th col\ IF{isNotEmpty(row)} STATE{meanValue=mean(row)}\ ElSE STATE{meanValue extgreater cf}\ STATE{$DopShift$(i)=max(row)}\ STATE{$DopShift$(i)=min(row)}\ ENDIF ENDFOR STATE{$DopShift$ = SMA($DopShift$)} // SMA represents smoothed moving average filter\ STATE{Return $DopShift$} end{algorithmic} end{algorithm}