LABVIEW学習(1)EXCELの読み書き



Labview Learning Reading

1. EXCELファイルデータVIを読み取ります。

コンプリート 私達 プログラムパネルのスクリーンショット:



私達 主な機能の場所:

  • ブロック図→ファンクションパレット→プログラミング→レポート生成 新しいレポート( 新しいReport.vi )。 'そして' 廃棄報告 Report.viを破棄します )。 「」
  • ブロック図→ファンクションパレット→プログラミング→レポート生成→ Excel固有 →「 Excel General 'そして' Excel Get Data.vi 「」



2.Excelにデータを書き込む

コンプリート 私達 プログラムパネルのスクリーンショット:

私達 主な機能の場所:



「Excelの読み取り」と同じように、主要な機能は「ブロック図→ファンクションパレット→プログラミング→レポート生成」にあります。

説明を追加 :ここにステップを追加して、ファイルパスが指すファイルが存在するかどうかを確認する必要があります(ファイルまたはフォルダーが存在するかどうかは、以下を使用して確認できます)。存在する場合は、「レポートをファイルに保存」でファイルが置き換えられます(F)。存在しない場合は、置き換えられません(T)。

3.アドレス生成

コンプリート 私達 プログラムパネルのスクリーンショット:

このVIは説明します:

1.指定されたタイプのファイルのアドレスを生成します

2.指定されたタイプはExcel、Word、TXTです

3.指定したフォルダ(フォルダ)が存在しない場合は、対応するフォルダを作成してください

4.サブフォルダー(サブフォルダー)を作成するかどうかは、必要に応じて決定されます。

図のタイプchildvi:Excel(.xlsx)、Word(.docx)、TXT(.txt)など、選択したファイルタイプに応じて対応するサフィックスを生成します。

私達 主な機能の場所:

  • アプリケーションディレクトリ :ブロック図→ファンクションパレット→プログラミング→ファイルI / O→ファイル定数。現在のプロジェクトファイルが直接配置されているプロジェクトのディレクトリを取得します。
  • ファイルまたはフォルダーが存在するかどうかを確認します(ファイルまたはフォルダーが存在するかどうかを確認します) そして、フォルダを作成します(新しいフォルダ) :ブロック図→ファンクションパレット→プログラミング→ファイルI / O→高度なファイル機能。
  • ビルドパス :入力パスと文字列を新しいパスに接続します
  • 文字列にフォーマットする :結合された文字列を形成する

備考:完全なプロジェクトファイルのダウンロード https://download.csdn.net/download/sinat_37710872/10644945