libreoffice_ LibreOfficeWriterでテキストケースを簡単に変更する方法



Libreoffice_ How Easily Change Text Case Libreoffice Writer

libreoffice

libreoffice

00_lead_image_change_case_libreoffice_writer

私たちは皆、以前にそれをしました。すばやく入力していると、Caps Lockキーがオンになっていて、テキストの大文字と小文字が区別されていることがわかります。それは簡単です MicrosoftWordの変更 、しかし、無料の代替品であるLibreOffice Writerを使用するとどうなりますか?



私たちは以前にそれをしました。すばやく入力していると、Caps Lockキーを押したのに、テキストの大文字と小文字が逆になっていることに気付きました。 MicrosoftWordで 、 それは簡単です 変化する 、しかし、無料の代替ソフトウェアLibreOffice Writerを使用する場合はどうすればよいですか?

心配ない。 Writerでテキストの大文字と小文字を変更するのも簡単で、その方法を説明します。



心配しないでください。 Writerで大文字と小文字を変更するのも簡単です。その方法を説明します。

関連: MicrosoftWordでテキストの大文字と小文字を簡単に変更する方法

関連: MicrosoftWordでテキストの大文字と小文字を簡単に変更する方法



LibreOfficeWriterドキュメントのテキストの大文字と小文字を変更する方法は2つあります。最初の方法では、選択したテキストに対してのみ変更されますが、テキストのスタイルは変更されません。これは、通常使用する方法です。 2番目の方法は、実際にはテキストの文字スタイルを変更するため、さらに入力するテキストにはそのスタイルがあります(たとえば、すべて大文字)。

LibreOfficeWriterドキュメントのテキストの大文字と小文字を変更する方法は2つあります。最初の方法では、選択したテキストのみが変更され、テキストスタイルは変更されません。これは通常使用したい方法です。 2番目の方法では、実際にテキストの文字スタイルが変更されるため、入力する他のテキストにもそのスタイルが適用されます(たとえば、すべて大文字)。

方法1:文字フォーマットを適用せずに大文字と小文字を変更する((方法1:文字フォーマットを適用せずに大文字と小文字を変更する)。

テキストの文字スタイルを変更せずにドキュメント内の一部のテキストの大文字と小文字を変更するには、変更するテキストを選択します。この例では、選択したテキストの大文字と小文字を逆にします。

テキストの文字スタイルを変更せずにドキュメント内の一部のテキストの大文字を変更するには、変更するテキストを選択します。この例では、選択したテキストの大文字と小文字を逆にします。

01_selecting_text

ツールバーで、[フォーマット]> [テキスト]> [大文字と小文字を変更]> [大文字と小文字を区別する](または必要な大文字と小文字のオプション)に移動します。

ツールバーで、[フォーマット]> [テキスト]> [大文字と小文字の変更]> [大文字と小文字の切り替え](または任意の大文字と小文字のオプション)に移動します。

02_selecting_toggle_case

tOGGLE cASEオプションは、選択範囲内のすべての小文字を大文字に変更し、すべての大文字を小文字に変更します。

tOGGLE cASEオプションは、選択範囲内のすべての小文字を大文字に変更し、すべての大文字を小文字に変更します。

03_case_toggled

方法2:大文字と小文字の形式を適用して大文字と小文字を変更する((方法2:大文字と小文字の区別を適用して大文字と小文字を変更する)。

次に、大文字(大文字)、小文字、タイトル、またはスモールキャピタル(すべての文字は大文字ですが、入力する「大文字」の文字は他の文字よりも大きい大文字)を使用してテキストに文字フォーマットを適用する方法を示します。 、または「小文字」)。これらの4つの大文字小文字の効果のいずれかを使用して複数の単語をフォーマットするには、フォーマットするテキストを選択します。 1つの単語のみをフォーマットする場合は、その単語にカーソルを置くだけです。次に、「フォーマット」メニューから「文字」を選択します。

ここで、大文字(大文字)、小文字、タイトル、または小文字(すべての文字は大文字ですが、入力された「大文字」は他の文字よりも大文字です)、または「小文字」に文字フォーマットを適用する方法を示します。 。これらの4つの大文字の効果のいずれかを使用して複数の単語をフォーマットするには、フォーマットするテキストを選択します。 1つの単語だけをフォーマットする場合は、その単語にカーソルを置くだけで済みます。次に、「フォーマット」メニューから「文字」を選択します。

04_selecting_character

[文字]ダイアログボックスで、[フォント効果]タブをクリックします。

[役割]ダイアログボックスで、[フォント効果]タブをクリックします。

05_clicking_font_effects_tab

「効果」ドロップダウンリストからオプションを選択します。選択したテキストまたは現在の単語の大文字と小文字の入力をオフにするには、デフォルトのオプションである「(なし)」を選択します。

[効果]ドロップダウンリストからオプションを選択します。選択したテキストまたは現在の単語の大文字と小文字の形式をオフにするには、デフォルトのオプションである「(なし)」を選択します。

06_selecting_caps_effects

選択した効果でテキストがどのように表示されるかのサンプルが、ダイアログボックスの下部に表示されます。 「OK」をクリックして変更を受け入れ、文字フォーマットを適用します。

ダイアログの下部に例が表示され、選択した効果を持つテキストの外観が示されます。 [OK]をクリックして変更を受け入れ、文字形式を適用します。

07_clicking_ok

注:[フォーマット]メニューの[文字]オプション(2番目の方法)を使用してテキストにフォーマットを適用し、その後すぐに入力を続けると、入力した新しいテキストは、の[効果]ドロップダウンリストで選択した大文字と小文字でフォーマットされます。 [文字]ダイアログボックス。ただし、[フォーマット]メニューの[テキスト]> [大文字と小文字を区別する]オプション(最初の方法)を使用すると、直後に入力したテキストは通常​​のテキストに戻ります。

注:「フォーマット」メニュー(2番目の方法)の「文字」オプションを使用してテキストにフォーマットを適用し、入力を続けると、入力する新しいテキストは「効果」ドロップで選択されたケースに従います-ダウンリストフォーマットします。文字ダイアログボックス。ただし、[フォーマット]メニュー(最初の方法)で[テキスト]> [大文字と小文字を変更]オプションを使用すると、直後に入力したテキストは通常​​のテキストに戻ります。

Shift + F3を押して、選択したテキストまたは現在カーソルが含まれている単語の3つの大文字小文字オプション(タイトル大文字小文字、大文字、小文字)を回転させることもできます。 Shift + F3を使用すると、選択したテキストまたは現在の単語の大文字と小文字のみが変更され(最初の方法)、テキストに文字書式は適用されないことに注意してください。

Shift + F3を押して、選択したテキストまたは現在カーソルが含まれている単語の3つの大文字のオプション(大文字、大文字、小文字)を回転させることもできます。 Shift + F3を使用すると、選択したテキストまたは現在の単語の大文字と小文字のみが変更され(最初の方法)、テキストに文字書式は適用されないことに注意してください。

翻訳元: https://www.howtogeek.com/278064/how-to-easily-change-the-case-of-text-in-libreoffice-writer/

libreoffice