Comsol2D軸対称モデルにPhiコンポーネントを導入する方法

Method Introducing Phi Component Comsol 2d Axisymmetric Model

最近、有限要素法を使用して、2次元の軸対称の状況で磁気拡散ソルバーを記述しました。プログラムを検証するために、商用ソフトウェアのComsolを使用してモデルを作成しようとしました。実際の操作では、2次元の軸対称設定が設定されていることがわかりましたϕ phi成分磁場をディリクレ境界条件として使用した後も、磁場モードは0のままであるため、Comsolの2次元軸対称には次のものが含まれていないと推測されます。ϕ phiコンポーネント。解決策は、次の図に示すように、コンポーネントを磁場モジュールの3成分ベクトルポテンシャルとして設定することです。
画像
実際、面外ベクトルポテンシャル、面内ベクトルポテンシャル、3成分ベクトルポテンシャルの3つのオプションがあります。デフォルトの選択はOut-of-plane vector potentialです。内側と外側の値は磁気ベクトルです。つまり、考慮しているだけです。ϕ phi得られる磁場の強さがのみであるように、磁気ベクトルの方向r r方向グーグー方向の成分、実際、ピンチ効果では、主に考慮する必要がありますϕ phi磁場の強さの方向、つまり磁気ベクトルは平面内にあるので、In-plane vector potentialまたはThree-component vector potentialを選択します。これは、円周方向の磁場拡散のプロセスを解くのに適しています。