Matlabでplot、fplot、ezplotを使用する方法と違い



Methods Differences Using Plot

[Linux] [C / C ++ / Qt] [FPGA] [データ構造とアルゴリズム]に焦点を当てた高品質の学習リソースへの無料アクセス。長年の技術経験に基づいており、純粋な[オリジナル]、純粋な[乾物] ]、[技術的経験]を共有し、[人々に魚を与える、より多くの人々に魚を教える]よう努めます。



関数プロットは、2次元グラフィックスを描画するための最も基本的な関数です。ベクトル列または行列列の曲線をプロットします。つまり、プロット関数を使用する前に、まず曲線上の各点のx座標とy座標を定義する必要があります。

一般的な形式は次のとおりです。

(1)plot(x)xがベクトルの場合、x要素の値を縦軸に、xのシリアル番号を横軸にした曲線をプロットします。 xが実数行列の場合、そのシリアル番号を横軸として使用して、列ごとのシリアル番号を基準にした各列要素値の曲線を描画します。 xがm×n行列の場合、n個の曲線があります。
(2)plot(x、y)は、横軸にx要素、縦軸にy要素をとった曲線を描きます。
(3)plot(x、y1、x、y2、...)は、共通のx要素を横軸に、y1、y2、...要素を縦軸に複数の曲線を描画します。

関数fplotは数学関数を描画するために使用され、その呼び出し形式は次​​のとおりです。fplot(fun、lims)ここで、funは描画される関数であり、関数を定義するMファイルの名前、またはで計算可能な文字列を指定できます。 xを変数として、lims = [XMIN XMAX YMIN YMAX]は、x、y軸上の描画スペースを制限します。

関数ezplotはデータの準備を必要とせず、関数グラフを直接描画します。基本的な呼び出し形式はezplot(f)です。ここで、fは数学関数を表す文字列またはシンボリック式であり、シンボル変数は1つだけです。

違い:
プロットは2次元グラフを描画することであり、x、yの式は既知であるか、y = f(x)のような正確な式です。
そしてezplotは陰関数のグラフを描くことです。それはf(x、y)= 0のようなグラフであり、y = f(x)のような関数を書くことはできません。



簡単に言うと、どちらもグラフ描画関数です。違いは、任意の変数xとyに対してプロットを描画できることです。また、fplotは定義関数を実装し、functionコマンドで関数を定義してから、で関数を参照する必要があります。 fplotコマンドの名。

fplot(関数式、プロット間隔)
プロット(横軸ベクトル、縦座標ベクトル、色/線およびその他のパラメーター)

たとえば、fplotは、特定の範囲で正弦関数曲線を描画します。fplot( 'sin(x)'、[0,20 / pi])



プロット:0≤x≤2の間隔で曲線をプロットしますか?
y = 2e-0.5xcos(4πx)
手順は次のとおりです。
x = 0:pi / 100:2 * pi
y = 2 * exp(-0.5 * x)。* cos(4 * pi * x)
プロット(x、y)