MFCは、CImageクラスを使用して、Pictureコントロールに画像を表示します。

Mfc Uses Cimage Class Display Images Picture Control

環境:Visual Studio 2010

問題:MFCはCImageクラスを使用して画像をPictureコントロールに表示します。



解決する:

1.ウィザードを使用して、または成功しなかった場合は手動で、画像コントロールに変数を追加します。参照( VS2010は手動で変数をPictureControlに追加します )。

2.対応する関数に次のコードを追加します。

CImage image / / Create a picture class image.Load(rphoto) / / Load image according to the image path CRect rect/ / Define the rectangle class int cx = image.GetWidth()/ / Get the image width int cy = image.GetHeight()/ / Get the picture height GetDlgItem(IDC_PICTURE)->GetWindowRect(&rect)/ / Select the window rectangle to the picture control ScreenToClient(&rect)/ / Select the client area into the rectangular area represented by the Picture control GetDlgItem(IDC_PICTURE)->MoveWindow(rect.left, rect.top, cx, cy, TRUE)/ / Move the window to the rectangular area represented by the Picture control CWnd *pWnd=GetDlgItem(IDC_PICTURE)/ / Get the handle of the pictrue control window pWnd->GetClientRect(&rect)/ / Get the rectangular area where the pictrue control is located CDC *pDC=pWnd->GetDC()/ / Get the pictrue control DC image.Draw(pDC->m_hDC, rect) / / draw the picture to the rectangular area represented by the Picture control ReleaseDC(pDC)/ / Release the DC of the picture control


3.コンパイルして実行します。画像コントロールに表示されている画像を見ることができます。

次に、私の先生である神の人工知能チュートリアルを共有します。ゼロベース!わかりやすい!ユーモラス!黄色の段落も!私たちの人工知能チームにもぜひご参加ください。 https://blog.csdn.net/jiangjunshow