modulename:ツリー外のモジュールをロードするとカーネルが汚染されます



Modulename Loading Out Tree Module Taints Kernel

ほとんどの場合、カーネルの汚染は無視できます。無視できないのは、いくつかの深刻なシステム問題によって引き起こされたカーネルです。実際、カーネルをロードするときの上記のプロンプトにもかかわらず、結局のところ、モジュールは正常にロードされ、ドライバーは動作できます。

強迫性障害の患者は解決策を見つける必要があるかもしれません。そのため、適切な薬を処方し、いくつかの解決策を使用することができます。



  • カーネルにパッチを送信し、カーネルの開発者にドライバーをカーネルソースツリーに組み込んでもらいます(この方法は、ドライバーを学習するだけの場合には適していません)。
  • ドライバーを自分でローカルソースツリーにコピーし、対応するカーネル構成アイテムを自分で追加してから、ツリー内のドライバーモジュールをコンパイルします(保持M空であるため、面倒です)。
  • ドライバーのソースコードに文を追加しますMODULE_INFO(intree, 'Y')、このモジュールのカーネルをツリー内モジュールとして欺くには(これを行わない方がよい)

要約すると、強迫性障害の患者のために、それを我慢しましょう。いくつかのエクストラツリーモジュールを駆動して作成することを学ぶ人は、上記のプロンプト情報を無視してください^ _ ^ !!

結局、これはモジュールの署名に関連しているとインターネットで何人かの学生が言っているのを見ましたが、私が見つけた情報からはそうではないようです。結局のところ、Linuxカーネルでモジュール署名の検証を有効にしていません。



# CONFIG_MODULE_SIG is not set

モジュールの署名について説明したので、別のリンクを削除します。 署名されたカーネルモジュールのサポート 。モジュールの署名に関する詳細な手順はここにあり、興味のある学生はそれをチェックできます。