.netは、DotNetChartingコントロールを使用して、レポートチャートの概要を生成します



Net Uses Dotnetcharting Control Generate Report Chart Summary

元のアドレスは次のとおりです。 .netは、DotNetChartingコントロールを使用して、レポートチャートの概要を生成します

最近、プロジェクトのデータを作成する必要があります。 統計 分析のため、一部のレポートチャート(縦棒グラフ、円グラフ、グラフなど)を生成する必要があります。 Webで使用することを強くお勧めします。 DotNetChartingコントロールを実現するので、私は正しいです。DotNetChartingコントロールには簡単な学習があります。以下は、DotNetChartingControlsとその使用法の簡単な紹介です。

DotNetChartingは、非常に優れた.NETチャートコントロールであり、中国語のサポートに非常に適しています。操作が簡単で、WebフォームとWinFormの両方で迅速に開発でき、.net1.1と2.0をサポートします。その公式アドレスはhttp://www.dotnetcharting.com/です。

このサイトでは、DotNetChartingクラックバージョンのダウンロードも提供しています。 http://files.cnblogs.com/dreamof/dotnetcharting.rar

DotNetChartingのデモアドレスを強くお勧めします。
これはすべてデモデモですhttp://www.dotnetcharting.com/demo.aspx
これはオンラインドキュメントhttp://www.dotnetcharting.com/documentation/v4_4/webframe.htmlで、詳細な手順と使用法が記載されています。

DotNetChartingの簡単な使用法:
1. bin dotnetCHARTING.dllをツールボックスに追加し、参照を追加します



2.コントロールをWebページにドラッグし、dotnetCHARTINGを使用して参照を追加します。

3.次は、DotNetCharting操作用に作成したラッパークラスです。これにより、プログラムで呼び出すことができます。



ShowData.cs
を使用してシステム
を使用してSystem.Data
を使用してSystem.Text
を使用してdotnetCHARTING

名前空間FLX.ComplexQuery
{{
/ ** ////
///鵬建潤
///データ(列、円、グラフ)に基づいて動的にグラフを生成します
///2008-06-19
///

公衆 クラスShowData
{{

属性#領域属性
民間 ストリング_phaysicalimagepath//画像ストレージパス
民間 ストリング_題名//画像のタイトル
民間 ストリング_xtitle//画像×座標名
民間 ストリング_ytitle//画像y座標名
民間 ストリング_seriesname//凡例名
民間 int_picwidth//画像幅
民間 int_pichight//画像の高さ
民間DataTable _dt//画像データソース

/ ** ////
///画像ストレージパス
///

公衆 ストリングPhaysicalImagePath
{{
セットする {_phaysicalimagepath=値}
取得する {{戻る_phaysicalimagepath}
}

/ ** ////
///画像のタイトル
///

公衆 ストリング題名
{{
セットする {_題名=値}
取得する {{戻る_題名}
}

/ ** ////
///画像のタイトル
///

公衆 ストリングXTitle
{{
セットする {_xtitle=値}
取得する {{戻る_xtitle}
}

/ ** ////
///画像のタイトル
///

公衆 ストリングYタイトル
{{
セットする {_ytitle=値}
取得する {{戻る_ytitle}
}


/ ** ////
///凡例名
///

公衆 ストリングSeriesName
{{
セットする {_seriesname=値}
取得する {{戻る_seriesname}
}

/ ** ////
///画像幅
///

公衆 intPicWidth
{{
セットする {_picwidth=値}
取得する {{戻る_picwidth}
}

/ ** ////
///画像の高さ
///

公衆 intPicHight
{{
セットする {_pichight=値}
取得する {{戻る_pichight}
}

/ ** ////
///画像データソース
///

公衆DataTableデータソース
{{
セットする {_DT=値}
取得する {{戻る_DT}
}

#endregion


ビルダー#領域ビルダー
公衆ShowData()
{{
//
//TODO:ここにコンストラクターロジックを追加します
//
}


公衆ShowData(ストリングPhaysicalImagePath、ストリング題名、ストリングXTitle、ストリングYTitle、ストリングSeriesName)
{{
_phaysicalimagepath
=PhaysicalImagePath
_題名
=題名
_xtitle
=XTitle
_ytitle
=Yタイトル
_seriesname
=SeriesName
}

#endregion


出力縦棒グラフ#領域出力縦棒グラフ
/ ** ////
///縦棒グラフ
///
///

公衆 ボイドCreateColumn(dotnetCHARTING.Chartチャート)
{{
チャートタイトル
=この。_題名
chart.XAxis.Label.Text
=この._xtitle
chart.YAxis.Label.Text
=この._ytitle
chart.TempDirectory
=この._phaysicalimagepath
chart.Width
= この._picwidth
chart.Height
= この._pichight
chart.Type
=ChartType.Combo
chart.Series.Type
=SeriesType.Cylinder
chart.Series.Name
= この._seriesname
chart.Series.Data
= この._DT
chart.SeriesCollection.Add()
chart.DefaultSeries.DefaultElement.ShowValue
= true
chart.ShadingEffect
= true
chart.Use3D
= false
chart.Series.DefaultElement.ShowValue
=true
}

#endregion


出力円グラフ#領域出力円グラフ
/ ** ////
///円グラフ
///
///

公衆 ボイドCreatePie(dotnetCHARTING.Chartチャート)
{{
チャートタイトル
=この。_題名
chart.TempDirectory
=この._phaysicalimagepath
chart.Width
= この._picwidth
chart.Height
= この._pichight
chart.Type
=ChartType.Pie
chart.Series.Type
=SeriesType.Cylinder
chart.Series.Name
= この._seriesname

chart.ShadingEffect
= true
chart.Use3D
= false
chart.DefaultSeries.DefaultElement.Transparency
= 20
chart.DefaultSeries.DefaultElement.ShowValue
= true
chart.PieLabelMode
=PieLabelMode.Outside
chart.SeriesCollection.Add(getArrayData())
chart.Series.DefaultElement.ShowValue
= true
}


民間SeriesCollection getArrayData()
{{
SeriesCollection SC
= 新着SeriesCollection()
DataTable dt
= この._DT

ために((int=0<dt.Rows.Count i++)。
{{
シリーズs
= 新着シリーズ()
s.Name
=dt.Rows [i] [0] .ToString()

要素e
= 新着素子()

//各要素の名前
e.Name=dt.Rows [i] [0] .ToString()

//要素ごとのサイズ値
e.YValue=Convert.ToInt32(dt.Rows [i] [1] .ToString())

s.Elements.Add(e)
SC.Add(s)
}

戻るSC
}

#endregion


出力グラフ#領域出力グラフ
/ ** ////
///グラフ
///
///

公衆 ボイドCreateLine(dotnetCHARTING.Chartチャート)
{{
チャートタイトル
=この。_題名
chart.XAxis.Label.Text
=この._xtitle
chart.YAxis.Label.Text
=この._ytitle
chart.TempDirectory
=この._phaysicalimagepath
chart.Width
= この._picwidth
chart.Height
= この._pichight
chart.Type
=ChartType.Combo
chart.Series.Type
=SeriesType.Line
chart.Series.Name
= この._seriesname
chart.Series.Data
= この._DT
chart.SeriesCollection.Add()
chart.DefaultSeries.DefaultElement.ShowValue
= true
chart.ShadingEffect
= true
chart.Use3D
= false
chart.Series.DefaultElement.ShowValue
=true
}

#endregion


通話の説明と例#領域通話の説明と例
//チャートを表示するページコードは直接呼び出されます。メソッドは次のようになります。
//
//ShowData show = new ShowData()
//show.Title = '2008年の月間消費統計'
//show.XTitle = '月'
//show.YTitle = '金額(1万)'
//show.PicHight = 300
//show.PicWidth = 600
//show.SeriesName = '詳細'
//show.PhaysicalImagePath = 'ChartImages'
//show.DataSource = this.GetDataSource()
//show.CreateColumn(this.Chart1)
#endregion


}

}

レンダリングショー:
1、円グラフ

2、縦棒グラフ


3、グラフ

追加:
投稿は1日送信されました。私の多次元チャートの実装には誰も答えませんでした。最新のdotnetchartingコントロールをダウンロードするには、dotnetchartingの公式Webサイトにアクセスする必要がありました。 dotnetchartingコントロールの使用法のドキュメントでは、さまざまな多次元チャートの実装について詳しく紹介しました。 。次に、すべての人がダウンロードできるようにドキュメントを投稿します。
ドットネットチャートの説明

新しいコンテンツを追加します。
1.解決 'DotNetChartingページを実行するたびに画像が生成されるため、画像がどんどん増えていませんか? DotNetChartingによって生成された画像を自動的に削除するにはどうすればよいですか? '問題については、を参照してください。 Asp.netは、フォルダー内のすべてのファイルを削除します

2、解決 '(1)生成された画像は公式ウェブサイトにハイパーリンクされています。どのように対処しますか? (2)このコントロールを使用すると、グラフィックを表示できます。しかし、小さな問題が見つかりました。つまり、ハイパーリンクはグラフの左上とグラフの下に表示されます。マウスがこれらの2つの領域に移動した後、クリックすると次のようにリンクされます。 http://www.dotnetcharting.com/ 。非常に奇妙です、これとクラッキングですか? '同様の質問については、を参照してください DotnetChartingコントロールバージョンクラッキング方法

この記事のアドレスを示してください: .netは、DotNetChartingコントロールを使用して、レポートチャートの概要を生成します