オンラインプレビューPDFドキュメントプラグ-PDFObject.js



Online Preview Pdf Document Plug Pdfobject

  • プラグの説明:

これは、PDFドキュメントに埋め込まれたダイナミックHTML用のJavaScriptライブラリであり、タグPDFドキュメントを使用します。

公式サイト: https://pdfobject.com/



  • 使用手順:

1、pdfobject.jsをダウンロード

GitHubダウンロード: https://github.com/pipwerks/PDFObject/



2、pdfobject.jsまたはpdfobject.min.jsを紹介するために使用するhtmlページ

PDFObject.embed('my.pdf')

3、プレビューPDFドキュメントを表示するhtmlページのコンテナの定義

PDFObject.embed('my.pdf', '#example1')

4、JavaScriptのPDFObject.js



1つ目:使いやすい

var options = { pdfOpenParams: {view: 'FitV'}, fallbackLink: 'Your browser does not support pdf' } PDFObject.embed('my.pdf', '#example1', options)

2番目:指定された場所を表示する

.pdfobject-container { height: 30rem border: 1rem solid rgba(0,0,0,.1) }

3番目:指定された場所、およびパラメーターを実行します

var bol = PDFObject.supportsPDFs

5、CSSを使用して、高さ、幅、境界線、余白など、コンテナを含むPDFドキュメントの外観を変更できます。クラス名はpdfobject-containerに固定されています。

var version = PDFObject.pdfobjectversion//'2.0.20160402'
  • 表示のプロパティと方法:

[]属性検出はPDFドキュメントサポートに埋め込まれていません:navigator.mimeTypes ['application / pdf']および検出されたAcroPDF.PDFまたはPDF.PdfCtrlに基づいてtrueまたはfalseを返します

PDFObject.embed(url [string], target [mixed], options [object])

【プロパティ】PDFObjectのバージョン検出

// css selectors PDFObject.embed('myfile.pdf', '#my-container') // html node var mynode = document.getElementById('someID') PDFObject.embed('myfile.pdf', mynode) // jquery objects var $node = $('#someID') PDFObject.embed('myfile.pdf', $node)

[メソッド]は埋め込まれた要素を返します。埋め込むことができない場合はfalseを返します。embed()メソッドはPDFOjectの心臓部であり、多くの機能と柔軟性を提供します。

パラメータurl: アドレスpdfドキュメント、相対アドレスまたは絶対アドレス

ターゲットパラメータ: セレクターcss、htmlノード、jqueryオブジェクトを受信します

オプションパラメータの説明: それは大きな柔軟性を提供します

オプション

の種類

説明

ページ

文字列/数字

PDFドキュメントページを開くときに指定します

デフォルト値:null

id

ストリング

生成されたID要素かどうかを指定します

デフォルト値:null

ストリング

インラインスタイルスタイル属性は、すべての単位をサポートする要素を指定します:px、%、em、rem

デフォルト:「100%」

高さ

ストリング

インラインスタイルスタイル属性は、すべての単位をサポートする要素を指定します:px、%、em、rem

デフォルト:「100%」

fallbackLink

文字列/ブール値

ブラウザがインラインPDFドキュメントをサポートしていない場合、ターゲット要素の出力のヒントの内容

falseの場合、フォールバックテキストオプションを無効にし、バックアップテキストPDFOjectの挿入を防止します

デフォルト値: '

このブラウザはインラインPDFをサポートしていません。PDFをダウンロードして表示してください。 PDFをダウンロード '

pdfOpenParams

オブジェクト

Adobe PDFでは、開いているパラメータを指定できます

デフォルト値:null

PDFJS_URL

ストリング

導入されたPDF.jsを指定しますPDFビューアビューアのアクセスパス

デフォルト値:null

forcePDFJS

ブール値

ブラウザのデフォルトのPDFリーダーに関係なく、PDF.jsを使用してレンダリングすることが必須かどうか

デフォルト:false

仮定モード

ブール値

本当です、PDFObjectはブラウザが最新であると見なされるかどうかをチェックします。その場合、PDFObjectはPDFサポートが利用可能であると想定し、PDFサポートの通常の検出をバイパスし、PDFとページへの埋め込みコードは、最新のブラウザがPDFObjectのデフォルトの動作に戻り、埋め込みコードの前にPDFを挿入しようとするとは見なされません。埋め込みPDFがサポートされているかどうかを確認するためのチェックが実行されます。 PDFサポートを検出した場合、引き続き埋め込まれます。そうでない場合は、通常のバックアップ動作が適用されます。

デフォルト:true

pdfOpenParamsオブジェクトパラメータの説明:

オプション

説明

namesdest = name

PDFで指定された名前付きの目的

page = pagenum

ページ番号

例:ページ= 2

コメント= commentID

特定のページのPDF注釈で指定されている、この前に使用するページオプション

ズーム=スケール

ズーム=スケール、左、上

浮動小数点または整数値を使用して、提供されたズームおよびスクロール係数

例:ズーム= 200

ズーム= 100,0,0

view = Fit

ビュー= FitH

ビュー= FitH、上

view = FitV

view = FitV、左

view = FitB

view = FitBH

view = FitBH、top

view = FitBV

view = FitBV、左

PDF言語仕様で定義されたキーワードのセットを使用してページのビューを表示

左側のスクロール値は整数または浮動小数点座標系です。ここで、0,0は、ドキュメントの回転に関係なく、表示されているページの左上隅を表します。

このページの前に使用するオプション

注:コマンドラインはサポートしていません

viewrect = left、top、wd、ht

ビュー長方形の浮動小数点または整数値を使用する座標系で提供され、ドキュメントの回転に関係なく、ページの左上隅の0,0が表示されます

このページの前に使用するオプション

注:コマンドラインはサポートしていません

pagemode = none

サイドバーのステータス、ブックマークまたはサムネイルの表示

許容値:なし、親指、ブックマーク、添付ファイル

スクロールバー= 1 | 0

開いたまたは閉じたスクロールバー

search = wordList

検索ユーザーインターフェイスを開き、ドキュメントリストで特定の単語を検索します。単語の一致はドキュメントで強調表示されます。

これらの単語は、スペースで区切って引用符で囲む必要があります:search = 'word1 word2'

statusbar = 1 | 0

開いているまたは閉じているステータスバー

メッセージ= 1 | 0

ドキュメントメッセージバーを開くまたは閉じる

navpanes = 1 | 0

オープンスペースまたはクローズドスペースとタブナビゲーション

ハイライト= lt、rt、top、btm

指定された長方形を強調表示するように表示されるページ

値は整数の直交座標系です。ここで、0,0は、ドキュメントの回転に関係なく、表示されているページの左上隅を表します。

このページの前に使用するオプション

ヘルプ=インデックス|コンテンツ|検索

コマンドラインまたはAppleイベントからファイルを開くときにのみ使用されます

[ヘルプ]ウィンドウでドキュメントを開き、特定のナビゲーションパネルを選択します

fdf = URL

PDFファイルを開くフォームフィールドに入力するために使用されるFDFファイルを指定します

注:fdfの最後のパラメーターはURLで指定する必要があります

collab =設定

ドキュメントを保存してコメントを提供するための共同ストレージの設定

このレビューでは、デフォルトのサーバーまたはデフォルトの設定のレビューについて説明します。