SBT依存関係ツリーsbt-dependency-graph



Sbt Dependency Tree Sbt Dependency Graph

1.はじめに

私たちはできる sbt-dependency-graph グローバルとして定義されているため、各sbtプロジェクトにこのプラグインの依存関係を導入する必要はありません。に
〜/ .sbt / 0.13 / plugins / plugins.sbt for sbt 0.13
または
〜/ .sbt / 1.0 / plugins /plugins.sbt次のプラグイン情報を追加します。



addSbtPlugin('net.virtual-void' % 'sbt-dependency-graph' % '0.9.2')

単一のsbtプロジェクトにのみインポートする場合は、プロジェクトディレクトリのprojectの下にあるplugins.sbtにプラグイン情報を追加します。内容は上記と同じです。

2、使用



1.アイデアで使用する

紹介後、アイデアに活用できます

a。 sbtシェルに切り替えて、次のように緑色のボタンをクリックします



b。起動が成功するのを待ってから、コマンドを入力できます

次の問題が発生する可能性があります

a、無効なコマンド:依存関係ツリー

三、注文

1.プロジェクトの依存関係を表示する(ASCIIツリー表現)dependencyTree

2.依存関係グラフ(graphlib-dot + dagre-d3によって提供される)の視覚化を含むブラウザーウィンドウを開きますdependencyBrowseGraph

3. sbtコンソールにすべての推移的な依存関係のフラットリストを表示します(組織と名前でソート)dependencyList

4.特定のjarを導入した人を見つけるwhatDependsOn

5.宣言されたライセンスでグループ化されたdependencyLicenseInfoを表示します

6.テーブルを表示します。各モジュール行には、(渡された)Jarサイズと依存関係の数dependencyStatsが含まれます。

7.dependencyGraphMlは.graphmlファイルを生成し、そのプロジェクトはターゲット/依存関係-.graphmlに依存します。
たとえば、yEdを使用して、必要に応じてグラフをフォーマットします

8.dependencyDotはプロジェクトの依存関係を使用してターゲット/dependencies-.dotへの.dotファイルを生成します。 graphvizを使用して、好みのグラフィック形式にレンダリングします

9.dependencyGraphは、sbtコンソールでのプロジェクトの依存関係のASCIIグラフを表示します(sbt 0.13でのみサポートされます)。
ivyReport:ivyにプロジェクトのソリューションレポートを生成させます。 show ivyReportを使用して、生成されたレポートのファイル名を取得します

次のコマンドは、toFileを介したファイルへのコンテンツの保存もサポートしています。

依存関係ツリー
依存関係リスト
依存関係統計
依存関係LicenseInfo
toFileサブタスクの構文は次のとおりです
::: toFile [-f | - 力]
-fを使用して、既存のファイルを強制的に上書きします。
たとえば、test:dependencyStats :: toFile target / depstats.txtは、テスト構成のdependencyStatsの出力をファイルtarget / depstats.txtに書き込みますが、既存のファイルを上書きしません。
すべてのタスクを構成に制限して、特定の構成のレポートを取得できます。 test:dependencyGraph、たとえば、テスト構成の依存関係を出力します。構成が指定されていない場合、通常はコンパイルが想定されます。
注:sbtシェルの外部のパラメーターを使用してタスクを実行する場合は、タスク呼び出し全体を引用符で囲んでください。
例:sbt'whatDependsOn '。