Simplify3Dソフトウェアフリップモデルからスライスメソッド

Simplify3d Software Flip Model Slice Method

Simplify3dは、Jennyプリンターに推奨されるスライスソフトウェアです。このソフトウェアの使用手順は、「JennyPrinter4ユーザーマニュアル」(ダウンロードアドレス:http://www.jennyprint.com/download/)の18ページにあります。このソフトウェアは非常に使いやすいです。



このソフトウェアをスライスに使用すると、モデルを反転できない状況が発生しました。

以下に示すように、sketchupを使用してモデルを描画します。

次に、simplify3dソフトウェアをインポートすると、このモデルが有効であることがわかります。この場合、3Dプリンターは印刷時に多くのサポートを追加し、印刷速度は非常に遅くなります。モデルを下に置きたい場合は、サポートなしで印刷速度がはるかに速くなります。

Baiduは「simplify3dフリップモデル」を検索し、それが基本的にsimplify3dの導入操作であることがわかりました。明示的なフリップ操作はありません。

これがそれを裏返す方法です。

モデルをダブルクリックすると、モデルの右側にさまざまなパラメータのインターフェイスが表示されます。

マウスの左ボタンを押したままモデルのパースペクティブをドラッグして、XYZの3つの軸のどれかを確認します。モデルはX軸を中心に回転する必要があります。

モデルの位置に応じて、90度反転する必要があり、負の90度を調整する必要があると判断します(そうでない場合は、さらに数回試してください)。

この位置は完全に正しくありません。平行移動する必要があり、Z軸の調整が必要です。

Y軸の動きは、ショートカットキー「CTRL +マウスの左ボタン」で適切な位置にドラッグできます。

Z軸をもう一度見ると、その半分は印刷プラットフォームの下にあります。

モデルを半分上に移動するだけです。調整する必要のある高さが正確にわからない場合は、「Z軸オフセット」の上矢印ボタンを使用して、一度に1mmずつ上げることができます。

調整後、図の赤いボックスで選択したボタンをクリックしてスライスします

下の図の番号1が指すスライダーをドラッグすると、各レイヤーの外観を最上層から最下層にプレビューできます。番号2が指す印刷プラットフォームは、各レイヤーのルーティングをリアルタイムで表示します。番号3に対応するボタンは、GCODEを指定されたsの位置に保存できます。

このようにして、モデルを反転してスライスし、3Dプリンターで印刷することができます。

注:プリンターが異なれば構成ファイルも異なりますが、フリップの操作はこれらの構成ファイルとは関係ありません。