TNS-01190障害処理

Tns 01190 Fault Handling

リスナーは元々ポート1532を使用していたため、現在は1521に変更されており、結果を開始できません。リスナーが開始されました。したがって、エラーを聞くのをやめてください。

TNS-01190: The user is not authorized to execute the requested listener command [[email protected] admin]$ lsnrctl start LSNRCTL for Linux: Version 11.2.0.1.0 - Production on 03-JUL-2014 11:23:07 Copyright (c) 1991, 2009, Oracle. All rights reserved. TNS-01106: Listener using listener name LISTENER has already been started [[email protected] admin]$ lsnrctl stop LSNRCTL for Linux: Version 11.2.0.1.0 - Production on 03-JUL-2014 11:23:24 Copyright (c) 1991, 2009, Oracle. All rights reserved. Connecting to (DESCRIPTION=(ADDRESS=(PROTOCOL=TCP)(HOST=jyrac1)(PORT=1521))) TNS-01190: The user is not authorized to execute the requested listener command View the listening status: [[email protected] ~]$ ps -ef | grep -i listener grid 4180 1 0 11:28 ? 00:00:00 /grid/11.2.0/grid/bin/tnslsnr LISTENER -inherit grid 4517 4138 0 11:56 pts/1 00:00:00 grep -i listener [[email protected] ~]$ lsnrctl status LSNRCTL for Linux: Version 11.2.0.1.0 - Production on 03-JUL-2014 11:24:25 Copyright (c) 1991, 2009, Oracle. All rights reserved. Connecting to (DESCRIPTION=(ADDRESS=(PROTOCOL=TCP)(HOST=jyrac1)(PORT=1521))) STATUS of the LISTENER ------------------------ Alias LISTENER Version TNSLSNR for Linux: Version 11.2.0.1.0 - Production Start Date 03-JUL-2014 10:40:26 Uptime 0 days 0 hr. 43 min. 59 sec Trace Level off Security ON: Local OS Authentication SNMP OFF Listener Parameter File /grid/11.2.0/grid/network/admin/listener.ora Listener Log File /grid/11.2.0/grid/log/diag/tnslsnr/jyrac1/listener/alert/log.xml Listening Endpoints Summary... (DESCRIPTION=(ADDRESS=(PROTOCOL=tcp)(HOST=jyrac1)(PORT=1521))) Services Summary... Service 'PLSExtProc' has 1 instance(s). Instance 'PLSExtProc', status UNKNOWN, has 1 handler(s) for this service... Service 'jycs' has 1 instance(s). Instance 'jycs', status READY, has 1 handler(s) for this service... Service 'jycs (ORACLE_HOME =/u01/app/oracle/11.2.0/db' has 1 instance(s). Instance 'jycs', status UNKNOWN, has 1 handler(s) for this service... Service 'jycsXDB' has 1 instance(s). Instance 'jycs', status READY, has 1 handler(s) for this service... The command completed successfully

それらの中で:セキュリティオン:ローカルOS認証このメッセージは、リスナーがローカルOS認証認証モードにあることを示します。 Oracle 10gバージョン以降では、リスナーのローカルオペレーティングシステム認証セキュリティ機能が導入されています。リスナーが現在のユーザーで起動されている場合。 、現在のユーザーは監視を管理するためのすべての権限を持っており、他のユーザーは監視の管理に制限されます

データベースは11.2.0.1であり、オラクルの再起動機能が使用され、ユーザーがグリッドであるためです。リスナーサービスは登録されており、デフォルトポート1521でのみ有効です。以前は1532であるため、OracleRestartはリスナーを自動的に再起動しません。ポートが1521に変更されているため、oracleRestartはリスナーを自動的に再起動します。

[[email protected] ~]$ srvctl status listener Listener LISTENER is enabled Listener LISTENER is running on node(s): jyrac1

oracle restartはグリッドユーザーによる監視を自動的に開始するため、oracleユーザーはグリッドユーザーによって開始されたリスナーを再生できません。

この記事は、元のリンクであるICTの時間と空間のdbasdkブログから転送されています。 TNS-01190障害処理 再版が必要な場合は、元のブロガーに連絡してください。