DisplayPortモニターをオフにすると、モニターが完全に無効になります

Turning Displayport Monitor Off Disables Monitor Completely

解決:

DisplayPortはPNPデバイスとして機能するため、モニターをオフにすると、モニターが取り外されたかのようにコンピューターから切断され、Windowsはこのデバイスを忘れて、再びオンになって「検出」されるまでウィンドウが移動します。

1つの解決策は、画面をオフにするのではなく、単にスリープ状態にすることです。プログラムで強制する方法はいくつかあります。たとえば、無料のWizmoユーティリティでmonoffコマンドを使用して、すべてのモニターをオフにします。



NVIDIAカードの別の解決策は、モニターからではなくファイルからのEDID情報を使用するようにモニターを設定することによるDisplayPortブランキング/画面自動検出の問題で詳しく説明されているため、自動検出は必要ありません。

これは、NVIDIAコントロールパネル->ワークステーション->システムトポロジの表示-> EDIDソース(モニター用)->モニター...-> EDIDのエクスポートで実行されます。

モニターごとにこれを繰り返します。トポロジーは、表示をEDID'forced 'または' file 'としてリストする必要があります。詳細については、リンクされた記事を参照してください。


を無効にする 「DisplayDataチャネルコマンドインターフェイス」 (DDC / CI)モニター設定。
その結果、Windowsは、モニターの電源をオフにしたかどうかを認識せず、デスクトップアイコンはそのまま残ります。これをDellモニターで正常にテストしました。

ウィキペディアでは、DDC / CIについて次のように説明しています。そのままにしておきます。ネット上ではあまりありません。

[...] DDC / CIは、コンピューターが双方向リンクを介してモニターにコマンドを送信し、モニターからセンサーデータを受信するための手段を指定します。 [...]一部の傾斜DDC / CIモニターは、自動ピボット機能をサポートしています。この機能では、モニターの回転センサーにより、モニターが縦向きと横向きの間で移動するときに、オペレーティングシステムがディスプレイを直立状態に保つことができます。

ほとんどのDDC / CIモニターは、MCCSコマンドのごく一部のみをサポートし、一部のモニターには文書化されていないコマンドがあります。多くのメーカーはこれまでDDC / CIに注意を払っていませんでしたが、現在ではほとんどすべてのモニターが明るさやコントラストの管理などの一般的なMCCSコマンドをサポートしています。

http://en.wikipedia.org/wiki/Display_Data_Channel#DDC.2FCI

ここに画像の説明を入力してください

(また)

DisplayPortからHDMIに切り替え、ピン#19を電気テープでブロックします。
残念ながら、これはモニターとグラフィックカードに追加のHDMIポートがある場合にのみ可能です。

メス側(モニター)オス側(ケーブル)

ここに画像の説明を入力してください ここに画像の説明を入力してください

  • ピン19:ホットプラグ検出(すべてのバージョン)およびHEC Data +(オプション、イーサネット付きHDMI 1.4+)

DisplayPortには ホットプラグ ピン(ピン#18)ですが、DPコネクタが小さすぎるため、誰かがこの特定のピンをテープで留めることができるとは思えません。


私もこの問題に遭遇し、各画面のウィンドウの位置とサイズを復元するための小さなユーティリティを作成することにしました。残念ながらAMDカードを持っているので、Nvidiaソリューションは機能しません。

http://www.ninjacrab.com/persistent-windows/