ubuntu16.04でmatlab-2016bチュートリアルをインストールします



Ubuntu16 04 Install Matlab 2016b Tutorial

まず、ファイルをダウンロードする必要があります。 MATLAB2016b

この時点で、3つのファイルがあります(Linuxでは不一致が発生する可能性があるため、ウィンドウをダウンロードして解凍することをお勧めします)。



この時点で、以下のホームにファイルをダウンロードし、この操作を実行して、2つのファイルを作成します。




1)cd〜#ホームディレクトリへのハンドオーバー
2)sudo mkdir matlab#フォルダーを作成し、matlabという名前を付けます。これは、マウント後にファイルを配置するために使用されます。

3)sudo mkdir Linux#フォルダを作成します。内部に2つの画像ファイルがあります





4)sudo mount -t auto -o loop Linux / R2016b_glnxa64_dvd1.iso matlab /#mount dvd1、以下を参照

5)sudo / home / lv / matlab / install#インストールを開始します

注:状況に応じて、/ home / lvの内容を変更する必要があります。

注:このインストールキーは、readme.txtのCrackに保存されています

6)インストールの進行が約80%を実行すると、追加のオープン「ターミナル」の必要性がdvd2のマウントを開始しました。

sudo mount -t auto -o loop Linux / R2016b_glnxa64_dvd2.iso matlab /

次に、ダイアログボックスで[OK]をクリックして、インストールを続行します。インストールが完了した後、ISOマウントをキャンセルしました。

7)sudo umount matlab /#インストール後マウント解除

8)sudo rm -r matlab /#空のフォルダーを削除します

インストールが終了したら、matlab2016bをアクティブ化する必要があります

cd / usr / local / MATLAB / R2016b / bin

sudo ./matlab

結果は次のとおりです。

このセクションの後、ファイルを置き換え、R2016b / Linux / R2016b / bin / glnxa64に配置します。4つのドキュメントCrackフォルダーを、/ usr / local / MATLAB / R2016b / bin / glnxa64ディレクトリにコピーします。

$ sudo cp Crack / R2016b / bin / glnxa64 / libcufft.so.7.5.18 / usr / local / MATLAB / R2016b / bin / glnxa64

$ sudo cp Crack / R2016b / bin / glnxa64 / libinstutil.so / usr / local / MATLAB / R2016b / bin / glnxa64

$ sudo cp Crack / R2016b / bin / glnxa64 / libmwlmgrimpl.so / usr / local / MATLAB / R2016b / bin / glnxa64

$ sudo cp Crack / R2016b / bin / glnxa64 / libmwservices.so / usr / local / MATLAB / R2016b / bin / glnxa64

次に、アイコンを設定する必要があります。

入力端末:sudo gedit /usr/share/applications/Matlab2016b.desktop

【デスクトップエントリー】
エンコーディング= UTF-8
名前= Matlab R2016b
コメント= MATLAB
Exec = / usr / local / MATLAB / R2016b / bin / matlab
アイコン= / usr / local / MATLAB / R2016b / toolbox / shared / dastudio / resources / MatlabIcon.png
ターミナル= false
StartupNotify = true
タイプ=アプリケーション

カテゴリ=アプリケーション

最後の実行:再起動