YOLO(2):Yolo_markチュートリアル



Yolo Yolo_mark Tutorial

上記の分析の後、独自のデータセットにラベルを付けるためにどのファイルを変更する必要があるかを大まかに把握しました。

myDatasetというフォルダーがあり、それをYolo_mark x64 Release dataディレクトリにコピーします。



このデータセットには、猫と犬の2つのカテゴリしかありません。

次に、my_obj.namesという名前の新しいファイルを作成し、次のコンテンツを追加します。



my_obj.dataという名前の新しいファイルを作成し、次のコンテンツを追加します。



最後に、my_yolo_mark.cmdという名前の新しいファイルを作成し、次のコンテンツを追加します。

次に、ターミナルでmy_yolo_mark.cmdを実行して、次のインターフェイスを開きます。

これで、独自のデータセットをマークできます。

キーボードのhボタンを押して、ソフトウェアのショートカットを表示します。

オブジェクトIDのスライダーをドラッグして、現在ラベル付けされているボックスが属するカテゴリを選択します。

画像がマークされるたびに、対応するtxtファイルが生成されます。 txtファイルの内容は次のとおりです。

最初の数字はカテゴリを表し、次の4つのデータはラベルボックスの情報です。これは、ラベルボックスの左上隅のx、y座標、ラベルボックスの幅w、および高さhです。各行は注釈オブジェクトです。画像に複数のターゲットがある場合、txtは行数に対応します。