AutoLayoutでのコンテンツハグの優先度とコンテンツ圧縮耐性の優先度



Content Hugging Priority

文字通りの観点から、優先度が高いほど、コンテンツの圧縮抵抗が大きくなります。これは、コンテンツの圧縮がより困難になることを意味します。 2つのラベルを並べて表示し、画面に2つのラベルのすべてのコンテンツを表示するのに十分でない場合、「コンテンツ圧縮抵抗優先度」が小さいラベルが優先的に圧縮されます。

制約設定については再度説明しません。



ここで、コンテンツ圧縮抵抗優先度の優先度はスイッチによって設定されます。

- (IBAction)setPriority:(UISwitch *)sender { if (sender.isOn) { [self.bottomRightLabel setContentCompressionResistancePriority:755 forAxis:UILayoutConstraintAxisHorizontal] }else { [self.bottomRightLabel setContentCompressionResistancePriority:745 forAxis:UILayoutConstraintAxisHorizontal] } }

効果:




8065760-55a179839c6c901f.gifコンテンツ圧縮抵抗優先効果

スイッチをオンにすると、右側のコンテンツ圧縮抵抗の優先度が高くなるため、左側のラベルコンテンツが優先的に圧縮されます。スイッチを閉じると、右側のコンテンツ圧縮抵抗の優先度が低くなり、右側が最初に圧縮されます。

デモ