[JMeter]カウンターの使用



Use Counter

カウンター:ユーザーがスレッドグループ内で参照できるカウンターを作成できるようにします。
大量のデータを参照する必要があり、要件を繰り返すことができないか、増やす必要がある場合は、カウンターを使用して達成できます。
カウンターを使用すると、ユーザーは開始点、最大値、増分数を構成し、最大値にループしてから最初からやり直し、テストが終了するまでこの方法を続けることができます。カウンターはlongで格納された値を使用し、範囲は2 ^ 63〜2 ^ 63-1です。

カウンターインターフェース

画像



画像
詳細なパラメータ:

  • 開始値:指定されたカウンターの開始値と初期値。この値は、最初の反復でカウンターに割り当てられます。
  • インクリメント:各反復後にカウンターに追加される値
  • 最大値:カウンターの最大値。最大値を超える場合は、開始にリセットしてください。
    値の場合、デフォルトの最大値はLong.MAX_VALUE、2 ^ 63-1です(連続圧力測定の場合は、最大値を設定しないことをお勧めします)
  • 数値形式:001、002としてフォーマットされた000などのオプションの形式。デフォルトの形式はLong.toString()ですが、デフォルトの形式では、引き続き数値として使用できます。
  • 参照名:$(reference_name}の形式で、他の要素でこの値への参照を制御するために使用されます
  • ユーザーごとに独立してカウンターを追跡する:グローバルカウンター、チェックされていない場合、ユーザー#1などのグローバルは値1を取得します。チェックされている場合、ユーザー#2は値が1のままです。つまり、独立しており、各ユーザーは独自の値を持ちます。ユーザー#1は値1を取得し、ユーザー#2は値2を取得します。
  • 各スレッドグループの反復でカウンターをリセット:オプション。チェックした場合、追跡カウンターが各ユーザーから独立しているかどうかのみを確認します。チェックした場合、各スレッドグループの反復は、スレッドグループがループ制御内にあるときにカウンター値をリセットします。端末。

2.特定の設定

呼び出しプロセス:
画像



次に、結果ツリーで次のことを確認できます。
画像
画像

データベースにアクセスして、以下を表示することもできます。
画像