AltiumDesignerボードカットアウト



Altium Designer Board Cutout

この方法ではスロットを開くことができません! ! ! !

元のブログリンク:https://blog.csdn.net/hnjztyx/article/details/83021813

PCBボード上の高電圧部品と近くの低電圧部品が発火して発火するのを防ぐために、2つの間にスロットを設ける必要があります。
Altium Designerを使用してPCBを設計する場合、Keep-Out層とMechanical層のどちらを使用するかにかかわらず、ボードにスロットを開いたり穴を掘ったりしたい場合はどうすればよいですか。実際、これら2つは実際に動作しています。どちらも人々によって使用されていますが、どちらも標準化されておらず、隠れた危険性があります。正しいアプローチは、「ボードカットアウト」方式を使用することです。
具体的な方法は、PCB層に掘るスロットの形状を描画し、この形状のすべての線を選択して、[ツール]-> [変換]-> [選択したプリミティブからボードカットアウトを作成]を選択することです。これで実際の掘削と溝入れの操作が完了し、3Dプレビューで表示できます。
ここでは、どのレイヤーにもシェイプを描画できますが、実際の状況は少し異なります。キープアウト層に塗装した場合、銅メッキ後のスロットの端に銅はありません。スロットの端に銅がある場合は、Mechanical1レイヤーを使用することをお勧めします。またはパッドなどを介して配置します。



この方法ではスロットを開くことができません! ! ! !

画像

ボードの切り欠きを描くとスロットができると素朴に考えないでください!
この問題はPCBプルーフィング設計で繰り返し言及されており、ボードカットアウトは成形に使用できません。
このアイテムは、3D効果の絶対参照画像としてのみ使用でき、形状処理のためにGERBER要素から転送することはできません。レイアウト配線は穴や溝を掘る必要があります。ボードのフレームラインと同じレイヤーにあることを確認し、KEEP-OUTレイヤーまたはメカニカルレイヤー1に実線で形状を描画してください。



上記は次の場所で引用されています:https://www.jlc.com/portal/server_guide_10142.html

。
上の写真とブログのスクリーンショット。ソースブログリンク:https://blog.csdn.net/ReCclay/article/details/79237992