Azureファイルマウントエラー-システムエラー1231



Azure File Mount Error System Error 1231

背景情報:

1.Azure仮想マシンはAzureファイルと同じ領域にあります



2.同じAzureファイルを同じモデルの別の仮想マシンにマウントできます。問題のあるマシン(test01)にマウントすると、次のエラーが報告されます。システムエラー1231



トラブルシューティング結果:

1.問い合わせたところ、Microsoftフォーラムで同様の問題の説明を見つけました。

https://social.msdn.microsoft.com/Forums/en-US/656dfaf2-2e57-4b49-b232-c91837f40715/mapped-drive-to-azure-file-storage-gives-system-error-1231



https://pleasereleaseme.net/azure-vm-reporting-network-location-cannot-reached/

2. 1の説明によると、この問題は、仮想マシンデバイスの下にロードされているネットワークアダプターが多すぎることが原因です。

3.検証後、デバイスの下に多数の非表示のネットワークアダプターが見つかりました-表示-非表示のデバイスを表示-ネットワークアダプターであり、現在のネットワークアダプターのイーサネットのシリアル番号が実際に異常に高いです。

4.次に、余分な隠しネットワークアダプターを削除します。手動で削除すると、非表示のネットワークアダプタの数が多すぎるため、時間がかかります。ここでは、スクリプトの一括削除を使用します

一括削除操作方法:

a。問題のある仮想マシンにWDKをインストールします
https://docs.microsoft.com/zh-cn/windows-hardware/drivers/download-the-wdk#download-iconimagesdownload-installpng-step-2-install-wdk-for-windows-10-version-1803;

デフォルトでインストール

b。仮想マシンにデバイス管理モジュールをダウンロードし、解凍してPowershellにインポートします。
https://blogs.technet.microsoft.com/wincat/2012/09/06/device-management-powershell-cmdlets-sample-an-introduction/

操作コマンド:

PS C: windows system32> Set-Location C: PowerShell Release
PS C: PowerShell Release> Import-Module。 DeviceManagement.psd1-詳細

スクリーンショットを実行します。

c。非表示のデバイスを一覧表示します。

操作コマンド:
Get-Device -ControlOptions DIGCF_ALLCLASSES | Sort-Object-プロパティ名| Where-Object {($ _。IsPresent-eq $ false)-and($ _。Name-like“ Microsoft Hyper-V Network Adapter *”)} | ft Name、DriverVersion、DriverProvider、IsPresent、HasProblem、InstanceId -AutoSize

d。 Hyper-V隠しネットワークデバイスを入手する

操作コマンド:
$ hiddenHypVNics = Get-Device -ControlOptions DIGCF_ALLCLASSES | Sort-Object-プロパティ名| Where-Object {($ _。IsPresent-eq $ false)-and($ _。Name-like“ Microsoft Hyper-V Network Adapter *”)}

e。 devcon.exeへのパスを設定し、次のループステートメントを使用して非表示のデバイスを削除します
操作コマンド:
Set-Location'C: Program Files(x86) Windows Kits 10 Tools x64 '
ForEach($ hiddenNic In $ hiddenHypVNics){$ deviceid = '@' + $ hiddenNic.InstanceId。 devcon.exe / r remove $ deviceid}

備考:

1.上記の手順が完了すると、VMは通常の状態でAzureファイルをマウントできるようになります。上記の操作を行った後、VMを再起動することをお勧めします。

2.現在のネットワークアダプターのイーサネットシリアル番号が少し高い(扱いにくい)場合は、次のように現在のネットワークアダプターをアンインストールし、仮想マシンを中断してから仮想マシンを再起動すると、すべてが正常に戻ります。

転載:https://www.cnblogs.com/stonehe/p/9224938.html