Ubuntu 16.04が起動し、紫色の画面に長時間留まる-InitialRamdiskを読み込んでいます



Ubuntu 16 04 Starts

画像

2.Ubuntuの詳細オプション

画像



3.初期Ramdiskのロード

次のカーネルを選択します。
Linux 4.15.0-42を搭載したUbuntu-一般的なデフォルトカーネル
Linux4.15.0-39を搭載したUbuntu-汎用カーネル
Linux4.15.0-29を搭載したUbuntu-汎用カーネル
次にEnterキーを押して開始します。すべてが正常に開始できず、Loading Initial Ramdisk...のままになります。

画像



画像

4.リカバリモード-リカバリモード

システムを再起動します-> Ubuntuの詳細オプション-> Ubuntu、Linux 4.15.0-42-generic(リカバリモード)
画像

Ubuntuオペレーティングシステムにはリカバリモードがあります。リカバリモードを使用すると、ユーザーは破損したシステムのコマンドラインにアクセスしたり、正しく構成されていないファイルを修復したり、システムメモリが機能しているかどうかをテストしたりできます。



Ubuntuでリカバリモードにアクセスするには、GRUBブートローダーが実行されている必要があります。別のブートローダーを使用している場合は、この機能にアクセスできない可能性があります。

5.リカバリモード-fsck

リカバリモードのfsck機能は、損傷したハードディスクをスキャンして削除することで、損傷したハードディスクをすばやく修復できます。

fsckを使用するには、下矢印を使用して[リカバリモード]メニューで強調表示し、Enterキーを押して起動し、破損したデータを自動的に削除します。
画像

システム起動レポート「ファイルシステム障害の確認」プロンプトによると、Ubuntuシステムを起動できない本当の理由は/etc/fstabであることがわかります。アイテムをマウントできませんでした。

6. Ubuntuシステムが自動的に起動に失敗し、システムが起動に失敗する

cat /etc/fstab

[email protected]:~$ cat /etc/fstab # /etc/fstab: static file system information. # # Use 'blkid' to print the universally unique identifier for a # device this may be used with UUID= as a more robust way to name devices # that works even if disks are added and removed. See fstab(5). # # # / was on /dev/sda1 during installation UUID=53a5a063-1ea4-434d-ad98-6cdaefff158a / ext4 errors=remount-ro 0 1 # swap was on /dev/sda5 during installation UUID=ed619771-4748-4f5a-86a5-355c8c22a290 none swap sw 0 0 /dev/disk/by-uuid/6d76a02c-8296-4aac-8b0b-5ac1d667a6a9 /mnt/6d76a02c-8296-4aac-8b0b-5ac1d667a6a9 auto nosuid,nodev,nofail ,x-gvfs-show 0 0 /dev/disk/by-uuid/79dd189b-b1b6-48c4-9c90-560934f420f5 /mnt/79dd189b-b1b6-48c4-9c90-560934f420f5 auto nosuid,nodev,nofail ,x-gvfs-show 0 0 # foreverstrong /dev/sda /media/famu/DISK_DATA ext4 defaults 0 0 [email protected]:~$

vim /etc/fstabファイルを変更し、マウントの無効な行をコメントアウトします。reboot通常の起動に再起動します。

[email protected]:~$ cat /etc/fstab # /etc/fstab: static file system information. # # Use 'blkid' to print the universally unique identifier for a # device this may be used with UUID= as a more robust way to name devices # that works even if disks are added and removed. See fstab(5). # # # / was on /dev/sda1 during installation UUID=53a5a063-1ea4-434d-ad98-6cdaefff158a / ext4 errors=remount-ro 0 1 # swap was on /dev/sda5 during installation UUID=ed619771-4748-4f5a-86a5-355c8c22a290 none swap sw 0 0 /dev/disk/by-uuid/6d76a02c-8296-4aac-8b0b-5ac1d667a6a9 /mnt/6d76a02c-8296-4aac-8b0b-5ac1d667a6a9 auto nosuid,nodev,nofail ,x-gvfs-show 0 0 /dev/disk/by-uuid/79dd189b-b1b6-48c4-9c90-560934f420f5 /mnt/79dd189b-b1b6-48c4-9c90-560934f420f5 auto nosuid,nodev,nofail ,x-gvfs-show 0 0 # foreverstrong # /dev/sda /media/famu/DISK_DATA ext4 defaults 0 0 [email protected]:~$